FC2ブログ

TakaのPhoenix Project

苦しいこともあるだろう。 云い度いこともあるだろう。 不満なこともあるだろう。 腹の立つこともあるだろう。 泣き度いこともあるだろう。 これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

体力づくり


最近の小学生は、握力が落ちているらしいです。

また、握力が弱い、歩く速度が遅い人等は、死亡リスク高いという結果がでているそうです。

このような状態は体力が落ちているということ。

体力を向上させる運動を続けることが大事です。

では、3日坊主にならないためには、どうすればよいか。

非日常的な行動は、億劫になり、普段の楽な生活にもどってしまいます。

これは、「脳ポリス」が影響しているからです。

「脳ポリス」は、普段の生活には無反応なのですが、新しいものごとについてはブレーキをかけます。

しかし、「脳ポリス」だまされやすいので、「ながら運動」をしてみるとストレスなく運動を続けることができます。

「ながら運動」で「スロートレーニング」をすればよいのです。

筋肉を成長させるためには、普通は筋肉に70%の負荷が必要なところ、「スロートレーニング」では30%の負荷でよいそうです。


「スロートレーニング」で「脳ポリス」を「だますトレーニング」をする

普段のルーチンに「スロートレーニング」組み込むことで「だますトレーニング」できます。


たとえば、デスクワーク時、ひざを3秒あげたままキープする。

お風呂の中で、おなかに手を当てて息を吸って吐く。3秒で。吐くときはおなかをへこませて。

などです。

これらを、何セットか行うのですが、目標を設定することが大事です。
はじめは低くてもよいので。


仕事中にするならば、
立ったままの仕事
ゴミ箱を遠くにおく
歩幅のマーキング

などで働きながら運動をします。

これらが、認知症の予防にもなります。

以上、TV「ゲンキの時間」から得られた知識で体力づくりをしていきたいとおもいます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。